ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 新型コロナウイルス関連 > 【5月13日】コロナウイルスの感染状況およびコロナワクチン接種に関する市長メッセージ

本文

【5月13日】コロナウイルスの感染状況およびコロナワクチン接種に関する市長メッセージ

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0043282 更新日:2021年5月13日更新

 

コロナウイルスの感染状況およびコロナワクチン接種に関する市長メッセージ


 

 岡山県内における新型コロナウイルス感染症の感染状況は、7日連続で100名を超える新規陽性者が明らかとなるなど、非常に厳しい状況であり、昨日、県は、「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請するとともに、県民に対して、県全域での昼夜を問わない不要不急の外出や移動の自粛、黙食、個食、会話の際のマスク着用など、感染予防の徹底の要請がなされたところであります。

 市民の皆様には、今一度、マスク着用や手や指の消毒などの感染防止対策にしっかりと意識を向け、外出時だけでなく家庭内でも適切な感染予防に努め、発熱など、健康に不安がある場合は、早めに医療機関などに相談していただきますようお願いいたします。

 そして、感染収束の鍵の1つであるワクチン接種については、現在、65歳以上の高齢者の方の予約が開始しております。電話がつながりにくい状況が続くなど、ご不便をおかけしております。電話での予約が難しい方は、市役所及び各振興局の窓口において、予約の支援を行っており、市民の皆様をサポートさせていただいております。

 こうした中、真庭市においても、なんとしても7月末までに接種ができる体制を整えるべく、真庭市医師会や各医療機関に協力をお願いしたところ、「最大限の協力をする」「なんとしても7月末までに終わらせよう」と、力強いお声をいただき、医師会の積極的な協力のもと、各医療機関での接種可能数をさらに上乗せしていただいております。また、新たに、接種できる医療機関も増え、28医療機関となる見込みです。

 真庭市としましても、医療機関を全力でサポートし、なんとしても7月末までに完了する覚悟で取組を加速しております。そして、65歳未満の方への接種に早期に取りかかる体制を整え、感染の収束を迎えることができるように全力で邁進いたします。


令和3年(2021年)5月13日

                    真庭市長  市長名前

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)