ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 新型コロナウイルス関連 > 【4月6日】市内における新型コロナウイルス感染確認に伴う市長からのメッセージ

本文

【4月6日】市内における新型コロナウイルス感染確認に伴う市長からのメッセージ

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0041698 更新日:2021年4月6日更新

新型コロナウイルス感染確認に伴う市長メッセージ

 

本日6日、岡山県から、真庭市内において昨日発表した方の濃厚接触者6名の感染が確認された旨の発表がありました。感染された方々には、衷心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早いご回復をお祈りします。

 

感染者の中には、市職員が含まれておりますが、市役所本庁舎をはじめ関係する施設は保健所の指導の下、真庭市が責任を持って消毒し、安全性を確保しておりますのでご安心ください。

市としましては、今まで以上に職員の感染症対策に関する意識を高め、誰もが感染する可能性があるという認識のもと、職員一人ひとりが意識ある行動を改めて徹底してまいります。

 

市民の皆様には、これまでも冷静に対応していただいており、大変感謝しております。これまで同様、憶測や間違った噂などで感染された方やご家族、関係者への誹謗中傷などの行為がおこることがないように、また、プライバシーに係ることを詮索することのないように、強くお願いいたします。

 

変異株の感染を含め第4波の始まりとも言われるほど全国的に感染が拡大しつつあり、3府県では「まん延防止等重点措置」が適用されているところであります。

今一度、マスク着用や手指消毒などの感染防止対策にしっかりと意識を向けていただくとともに、健康管理に十分留意し、外出時だけでなく家庭内でも適切な感染症予防に努めていただきますようお願いいたします。また、発熱の症状があるなど、健康に不安がある場合は、早めに医療機関などに相談していただきますようお願いいたします。

なお、真庭市における予防接種についてですが、既に医療関係者の接種を始めており、5月17日からは高齢者の皆様から順次市内の医療機関で予防接種を受けていただく準備を進めております。一日でも早く予防接種を完了できるよう、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

市民の皆様、感染拡大防止に全力で取り組んでまいりましょう。

 

                       令和3年(2021年)4月6日

                 真庭市長市長名前

 

※適切な医療機関の受診(医療のかかり方)について
1 過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
2 コロナ禍でも健診や持病の治療、お子さんの予防接種などの健康管理は重要です。
3 医療機関や健診会場では、換気や消毒でしっかりと感染予防対策をしています。
4 健康に不安がある時は、早めにかかりつけ医・かかりつけ歯科医に相談しましょう。

※新型コロナウイルス対策に関する相談は
「新型コロナウイルス総合相談室」 電話 0867-45-0562
 までお問い合わせ願います。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)