ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 新型コロナウイルス関連 > 【新型コロナウイルス】取り組み・支援制度まとめ(市民向け)

本文

【新型コロナウイルス】取り組み・支援制度まとめ(市民向け)

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0031576 更新日:2020年7月1日更新

※7月1日時点の情報です。詳しくはリンク先のページもしくは各問合わせ先へ。

感染拡大防止に向けた取り組み   項目 概要 問い合わせ先 連絡
真庭市独自 相談窓口の設置  新型コロナウイルスに関係した悩みごとなどを、どこに相談したら良いか分からない場合に、まずご相談ください。暮らし、雇用、休業、経済支援など、さまざまな相談内容に応じた窓口を紹介します。 個人向け
新型コロナウイルス総合相談室
0867
(45)
0562
事業者向け
新型コロナウイルス事業者相談窓口
(産業政策課)
0867
(42)
1033
真庭市独自 普及啓発  国道313号線落合IC出口および国道181号線旧遷喬尋常小学校前陸橋に、不要不急の外出を控える啓発横断幕を設置しました。(現在は撤去)
 集いの場などに参加できず、在宅で過ごす時間が長くなる高齢者のために、自宅でできる運動を紹介します。
建設課 0867
(42)
5033
地域包括支援センター 0867
(42)
1079
  消毒用資材などの供給・配置  市内の小中学校や幼稚園、認定こども園、保育園、放課後児童クラブ、集いの広場などに、保健衛生管理用品(アルコール・マスクなど)を配置しています。
 妊産婦へ市に寄付されたマスクや国から供給されたマスクを配布しています。
 市内介護保険事業所や集いの場へ、国などから供給されたマスクなどを配布しています。
学校教育課 0867
(42)
1087
子育て支援課 0867
(42)
1054
高齢者支援課

0867
(42)
1074

健康推進課 0867
(42)
1050
真庭市独自 対策本部の設置  真庭市新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、国県の最新情報を共有しながら迅速な対応を行うため、対策本部会議を開催しています。 危機管理課 0867
(42)
1126
個人のみなさんへ   特別定額給付金  対象者1人につき10万円を給付します。受給手続きに必要な書類をお送りしていますので、期間内に申請をしてください。
【対象者】基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている人
【申請期限】 8月11日
特別定額給付金対策室 0867
(45)
0562
  子育て世帯臨時特別給付金  令和2年4月分(3月分を含む)の児童手当を受給している世帯に、対象児童1人につき1万円の臨時特別給付金を給付します。※特例給付は除く
【申請】不要 ※公務員は申請が必要
子育て支援課 0867
(42)
1054
真庭市独自 ひとり親家庭等特別給付金  事業所の休業などに伴い、特に就業環境に影響を受けやすいひとり親世帯などに対する緊急支援として、令和2年4月~6月分の児童扶養手当受給者に児童1人あたり2万円の給付金を支給します。
【申請】不要 ※希望しない場合のみ必要
子育て支援課 0867
(42)
1054
真庭市独自 子ども応援券 0歳から18歳の子ども1人につき、市内の飲食店や宿泊施設で使える5,000円分の商品券を配布しています。
【使用期限】 9月30日
【使用可能店舗】 真庭市ホームページに掲載するほか、使用できる店舗にはポスターが掲示されています。
産業政策課 0867
(42)
1033
  傷病手当金  国民健康保険および後期高齢者医療保険の加入者で、療養のため働くことができなかった人が一定の要件を満たす場合に、給与の一部を補填する傷病手当金を支給します。
【給付額】給与の一部
市民課(医療グループ) 0867
(42)
1112
  生活福祉資金特例貸付  休業などで収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付が必要な世帯は、20万円を上限に借りることができます。
 失業などで生活に困窮している世帯は、月20万円以内(単身世帯は15万円以内)を原則3ヵ月以内の期間で借りることができます。
※両貸付とも無利子で保証人は不要です。
【受付期間】 9月30日まで
真庭市社会福祉協議会 0867
(42)
1005
真庭市独自 真庭つながり促進事業  市内の就労継続支援事業所の対象商品の購入者へ購入費の一部を還元します。
【対象者】対象商品購入者
【還元額】市民:購入額の5割
       市民以外:1割
【申 請】購入後に申請が必要
真庭市社会福祉協議会 0867
(42)
1005
福祉課 0867
(42)
1581
真庭市独自 真庭おもいやり事業  市外の家族や友人などに真庭産品を送る際に、市内の対象事業者から、3割引きで商品を購入することができます。
【対象者】市民および市内で働く人
対象事業者や商品、価格など、詳しくは真庭市ホームページでご確認ください。
※蒜山酪農農業協同組合(蒜酪)は、6月末をもって事業参加を終了しましたが、真庭あぐりガーデンでも蒜酪の商品を取り扱っています。
産業政策課 0867
(42)
1033
真庭市独自 真庭市奨学金の返還猶予  真庭市奨学金返還金の納付が困難と認められる場合には、納付期限を最長1年間延長します。
【対象者】 真庭市奨学金返還金の返還が困難になった人
※岡山県や岡山県育英会、日本学生支援機構の奨学金も、返還猶予などの措置があります。各団体などにお問い合わせください。
教育総務課 0867
(42)
1085
 
 
 
税などの納付猶予  国税、県税、市税の納付などが困難と認められる場合には、最長1年間の納付の猶予や延滞金が免除される制度があります。詳細は、各問い合わせ先にお問い合わせください。
【対象者】 新型コロナウイルスにり患、新型コロナウイルスの影響で収入が前年同期と比較して概ね2割以上減少などの要件に該当し、納税が困難と認められる者
※なお、固定資産税および法人市民税については、真庭市独自の制度を設けており、要件に該当すれば納税の猶予や、延滞金の2分の1免除と2分の1補助を受けられます。
(国税)
広島国税局猶予相談センター
0120
(683)
754
(県税)
岡山県美作県民局収税課
0868
(23)
1267
(市税)
税務課
0867
(42)
1114
 
 
 
国民健康保険税
後期高齢者医療保険料
介護保険料
の減免
 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または、重篤な傷病を負った場合や主たる生計維持者の事業収入などが3
割以上減少し、生活が困窮した場合は、保険税(料)を減免できる制度があります。
【対象者】 収入が3割以上減少するなど、減免の要件に該当する世帯
保険税(料)によって、要件が異なります。詳細は、各問い合わせ先にお問い合わせください。
(国民健康保険税)
税務課
0867
(42)
1114
(後期高齢者医療保険料)
市民課
0867
(42)
1112
(介護保険料)
高齢者支援課
0867
(42)
1074
 
 
国民年金保険料の減免  収入の減少などにより国民年金保険料の納付が困難な人で、一定の条件を満たす場合、本人の申し立てにより国民年金保険料の免除申請ができる制度があります。詳しくはお問い合わせください。 津山年金事務所

0868
(31)
2360

市民課 0867
(42)
1112
 上記のほか、家賃の支払いが困難な場合には住居確保給付金、教育費に不安がある場合には学費の免除や奨学金の借り入れ、母子父子寡婦福祉資金貸付金償還金の支払い猶予など、さまざまな対策が行われています。岡山県ホームページ<外部リンク>などで紹介しています。