ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 新型コロナウイルス関連 > 新型コロナウイルス感染症とは

本文

新型コロナウイルス感染症とは

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0022483 更新日:2020年12月15日更新
 新型コロナウイルス感染症は、飛沫感染や接触感染によりうつります。発熱や咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)、味覚障害や嗅覚障害を訴える方が多いことが特徴です。

 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、咳エチケットや手洗いなど一人ひとりが感染症予防を行うことがとても重要です。

 高齢者や基礎疾患などがある方は、重症化しやすい可能性がありますので、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休んでください。 

 集団感染の共通点は、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

 ・飛沫感染

 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などか吸い込んで感染します。

 ・接触感染

 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの者に触れるとウイルスが付きます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

予防について

 新型コロナウイルスの集団感染の予防は、「密閉」「密集」「密接」を避けることが大切です。寒い季節ですが、予防活動にご協力よろしくお願いします。

  3つの蜜を避けましょう!『出典:首相官邸HPより』 『出典:首相官邸HPより』

 

国の専門家会議で示された「新しい生活様式」の実施をしてください。

新しい生活様式 『出典:厚生労働省HPより』

 新型コロナウイルス感染症対策分科会から、感染しやすい場面や、感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫などに関する提言がありました。年末年始は、会食や飲酒の機会も増えます。「5つの場面」をご確認いただき、感染予防活動を引き続きご協力よろしくお願いします。

感染リスクが高まる「5つの場面」

                                     『出典:厚生労働省HPより』

チラシNo3真庭市健康推進課作成 No3 

 

 

関連リンク

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)