1. ホーム>
  2. 行政サービス>
  3. 行政サービスの検索結果

行政サービスの検索結果

行政サービス内の記事を検索

「真庭市は「SDGs未来都市」(全国29都市)に選定されました。」の関連情報」には79件の情報があります。

  • 真庭市下水道事業経営戦略を策定しました

    平成29年度から平成38年度までの今後10年間の下水道経営の指針となる下水道経営戦略を策定しました。
    建設部 下水道課 2017年3月22日 14時16分
  • 真庭市まち・ひと・しごと創生総合戦略

     真庭市では、国のまち・ひと・しごと創生総合戦略を踏まえ、「真庭市まち・ひと・しごと創生総合戦略 「里山資本主義」真庭 ~未来への挑戦~ 」を策定しました。
    総合政策部 総合政策課 2016年6月2日 15時51分
  • マイナンバー制度について

     マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)は、すべての国民に付番されるマイナンバー(個人番号)によって、複数の行政機関などに存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための社会基盤(インフラ)です。
    総務部 総務課 2015年11月30日 19時01分
  • 真庭市定員適正化計画(H19~H27)

     真庭市では、適正な行財政運営のために必要な最小限の職員数確保と、職員数削減による総人件費の抑制を、計画的に進めるための基本方針として、平成20年3月に「真庭市定員適正化計画」を策定し、適材適所・少数精鋭を基本とした定員適正化を推進しています。
    総合政策部 総合政策課 2015年7月10日 08時28分
  • 真庭市国際化推進指針(H20~)

    真庭市では、「真庭市国際化推進指針」を策定しています。
    総合政策部 交流定住推進課 2015年3月29日 09時15分
  • 真庭市公共交通対策関係計画

     真庭市は市民の皆様の日常生活に必要な交通手段を確保することにより、地域住民等の福祉の向上を図るため、真庭市コミュニティバスを運行していますが、このコミュニティバスの運行を含めた真庭市の公共交通に関する施策は現在以下の3つの計画に基づき実施されています。
    生活環境部 くらし安全課 2013年10月29日 11時58分
  • 補助金・負担金の見直し状況について

     真庭市の将来に責任を持ち、市民と一緒に行政経営を考えていくため、補助金・負担金の見直しを行いましたのでその状況を公表します。
    総合政策部 総合政策課 2017年7月5日 17時23分
  • 真庭市定員適正化計画(H27~H31)

    本計画の推進期間は、平成27年度から平成31年度までの5年間とします。
    総合政策部 総合政策課 2017年2月27日 10時09分
  • 公共施設白書

    現在、全国の自治体で高度経済成長期に整備した公共施設や道路などの老朽化が、大きな社会問題となっており、それに起因する事故も発生しています。この度、施設の現状を正確に把握することが第一であることから「公共施設白書」を策定しました。
    総務部 財産活用課 2017年2月15日 18時23分
  • 真庭市使用料・手数料の見直し基本方針(H26改訂)

    市では、多種多様な行政サービスの提供を行っていますが、平成24年4月に「真庭市使用料・手数料見直し基本方針」を策定し、行政サービス提供における公平性確保と受益者負担の原則に基づき、「使用料・手数料」の見直しを進めてきました。
    総合政策部 総合政策課 2015年7月10日 08時31分
  • 補助金・負担金白書

    真庭市の将来に責任を持ち、市民と一緒に行政経営を考えていくため、その第一歩として補助金・負担金の実情を市民に公表します。
    総合政策部 総合政策課 2015年7月10日 08時23分
  • 真庭市協働のまちづくり推進指針(H19~)

     真庭市では、平成18年3月に策定された真庭市総合計画の基本構想に6つの基本的な方向を定めており、その1つに「みんなで築くまちづくり」を位置づけています。さらに基本計画では、「住民主体・住民参加のまちづくりの推進」を掲げ、市民と行政との連携・協働による一体感のあるまちづくりを目指すこととしています。
    総合政策部 交流定住推進課 2015年3月29日 09時15分
  • 真庭市公共施設管理運営方針一覧表(H26改訂)

     平成21年度に策定した「管理運営方針」に基づく個別施設毎の進捗状況と、直営管理施設の「施設評価」結果を反映し、管理運営方針一覧表を改訂しました。
    総務部 財産活用課 2017年2月15日 19時13分
  • 真庭市アウトソーシング基本方針

    第2次総合計画では、市民が主役となって「市の経営」を進めていくため、「市民と市役所の新しい関係」を構築することを目指しています。第3次行政経営大綱では、「行政資源を、市民生活の質の向上に最適配分を行う“行政経営”」に転換した行政を目指しており、アウトソーシングは、市民と市役所との「ワークシェア」でもあり、「回る経済」などまちの活性化を目的とする「市の経営」のためにも、その推進に取り組みます。
    総合政策部 総合政策課 2016年9月5日 13時30分
  • 地域再生計画の事後評価

     地域再生法(平成17年法律第24号)に基づき、内閣総理大臣の認定(平成18年3月31日認定)を受けた地域再生計画 『豊かな自然と地域資源を活かした人と環境にやさしい杜市づくり』 について、計画期間が終了し、目標の達成状況を検証しましたので事後評価結果を公表します。
    総合政策部 総合政策課 2015年5月13日 11時30分
  • 真庭市第三セクター見直し指針(H22~)・第三セクターに関する方針(H23~)

     真庭市が経営に関与する市内の第三セクターは、合併以前に地域振興や市民サービス向上の観点から設立されたものですが、その設立時から社会経済情勢も大きく変化し、新たな視点による法人改革が急務となっております。
    総合政策部 総合政策課 2015年3月23日 09時36分
  • 国土利用計画法に基づく土地売買等の届出について。

    一定面積以上の土地について、土地売買の契約を締結した場合、土地を取得した方(買主)は契約を締結をした日から2週間以内に(契約を締結した日を含む)、土地の所在地、面積、利用目的や取引価格などを記入した届出書に、土地売買契約書の写しなどの必要な書類を添付して都市住宅課へ提出してください。
    建設部 都市住宅課 2015年3月4日 10時01分
  • 都市計画区域内の用途地域(勝山・久世・落合)

    都市計画区域内の用途地域がホームページ上で見ることが可能となりました。 都市計画区域内の用途地域(勝山・久世・落合)のうち、用途を指定していない箇所につきましては、容積率200%、建ぺい率60%となっております。 なお、画像の不鮮明な場所、その他ご不明な点がございましたら都市住宅課までお問い合わせ下さい。
    建設部 都市住宅課 2018年7月12日 14時17分
  • 母子保健に関する事務に係る特定個人情報保護評価について

    母子保健に関する事務に係る特定個人情報保護評価書については別添のファイルにて閲覧が可能です。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 健康推進課 2018年6月21日 17時14分
  • 平成28年度 決算カードの公表

     平成28年度の決算状況について、決算カードでお知らせします。 決算カードとは、地方財政状況調査(決算統計)の集計結果に基づき、普通会計の歳入・歳出決算額、各種指標等の状況を1枚のカードにとりまとめたものです。 平成17年以降のカードも公表しています。詳しくは添付のPDFをご覧ください。
    総務部 財政課 2018年3月29日 08時23分

お問い合わせ