1. ホーム>
  2. 行政サービス>
  3. 行政サービスの検索結果

行政サービスの検索結果

行政サービス内の記事を検索

病気・医療」には46件の情報があります。

  • 自立支援医療(更生医療)

     身体障がいのある18歳以上の方が、障がいを軽減・除去し、日常生活能力や職業能力の回復向上を図るために必要な医療を指定医療機関で受ける場合に、医療費を助成します。  既に身体障害者手帳で認められている障がい部位に対する医療であることが前提です。  原則として医療費の一割は自己負担となりますが、所得に応じて月額負担上限額が決められており、負担が重くなりすぎないようになっています。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2016年1月8日 19時25分
  • 自立支援医療(育成医療)について

    身体上の障がいを有する18歳未満の児童に対し、指定医療機関においてその障がいの治療に要した医療費を公費で負担する制度です。自己負担額は原則1割で、世帯の所得に応じて毎月の負担上限額が設けられますが、真庭市乳幼児・児童生徒医療給付制度の対象となる年齢の児童の場合、自己負担部分については当該給付制度により助成されます。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2016年1月8日 18時49分
  • 自立支援医療(精神通院)

    精神疾患の治療のために必要な医療を指定自立支援医療機関となっている病院又は診療所に通院して受ける場合に医療費が助成されます。なお、入院して治療を受ける場合は対象になりません。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2016年1月8日 18時48分
  • 美甘地域行事予定表

    美甘地域の保育園・小学校・中学校や市の行事などを確認できる便利なカレンダーです。 ごみ収集日も載ってます。
    美甘振興局 地域振興課 2015年11月9日 08時38分
    地域: 美甘 
  • 療育手帳

    障がいの程度に応じてA(最重度・重度)・B(中・軽度)の区分があります。 療育手帳をお持ちの方は療育指導や在宅サービス、施設サービス(通所・入所) などを利用することができます。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年6月2日 10時06分
  • 体の不自由な人の福祉ガイド(聴覚障がいほか)

    身体障害者福祉制度を簡単にまとめたガイドを作成しました。 ガイドは障がい別に「共通」「肢体不自由」「視覚障がい」「聴覚障がいほか」「内部障がい」の5つがあります。 このページからは「聴覚障がいほか」版をご覧いただけます。 添付ファイルをご確認の上ご利用ください。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年6月2日 09時15分
  • 後期高齢者医療保険

    平成20年4月1日から新しく後期高齢者医療制度が始まりました。この制度はひとりに1枚被保険者証が交付され、所得などに応じて保険料を個人で全員の方に納めていただきます。保険料は原則、年金から引き落としさせていただきます。
    生活環境部 市民課 2015年3月9日 09時18分
  • 真庭市障がい者等相談支援事業

    障がい者(児)、障がい児の保護者又は障がい者等の介護者からの相談に応じ、必要な情報の提供、助言及び福祉サービス利用支援等必要な支援を総合的に行い、障がい者等が地域で自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう支援を行います。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年3月3日 17時43分
  • 国民健康保険出産育児一時金の支給について

    国民健康保険の加入者が出産したとき、出産育児一時金が支給されます ・ 妊娠12週(85日)以降であれば、死産・流産の場合にも支給されます    支給額・・・42万円
    生活環境部 市民課 2015年2月27日 11時43分
  • 障がい者交通割引

     身体障害者手帳、療育手帳または写真付精神障害者手帳をお持ちの方や  その介護者を対象に交通機関等の利用について、料金の割引等  サービスを受けることができます。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2017年9月8日 17時31分
  • 障害児福祉手当

    精神又は身体に重度の障がいがあり、日常生活において常時介護を必要とする在宅の20歳未満の子どもを対象に支給される手当です
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2017年8月23日 23時24分
  • 医療・福祉のたまご応援事業補助金

    大学生等のインターンシップ(就労体験)の受入れを行う事業者に対し、受入れ経費を補助します。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2017年7月3日 21時06分
  • 骨髄バンクドナー支援事業

    市では、骨髄・末梢血幹細胞提供者(ドナー)の方の負担軽減と移植およびドナー登録の拡大を推進するため、ドナーの方とドナーが従事する事業所に対し補助します。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 健康推進課 2016年10月3日 20時13分
  • 国民健康保険療養費の支給について

     下記のような場合は、いったん全額自己負担となりますが、申請により、審査で決定されれば、自己負担分を除いた額が払い戻されます。  なお、審査があるため、申請から支払いまで3~4ヶ月程度の期間がかかります。ご承知ください。
    生活環境部 市民課 2015年3月2日 09時59分
  • 心身障害者医療費の給付について

    重度心身障害者の医療費自己負担額の一部を助成し、障害者の方の経済負担の軽減を図ります。
    生活環境部 市民課 2015年2月27日 17時18分
  • 平成25年4月から難病等の方々が障がい福祉サービス等の対象となります

    平成25年4月から施行されている「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(障害者総合支援法)では、制度の谷間のない支援を提供する観点から、障がい者の定義に「難病等(治療方法が確立していない疾病その他の特殊な疾病であって法令で定めるものによる障がいの程度が厚生労働大臣が定める程度である者)」が追加されました。また、児童発達支援等の児童通所支援についても、同様の改正が行われました。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2013年5月14日 15時28分
  • 国民健康保険 高額療養費支給制度(医療費が高額になったとき)

     高額療養費とは、病院等に支払った1か月分の医療費の自己負担額が高額になったとき、申請のうえ、その超えた額があとから高額療養費として払い戻されます。真庭市では該当となった方には通知を送ります。
    生活環境部 市民課 2018年5月17日 16時53分
  • 移住・定住の相談は「真庭市交流定住センター」へ

    真庭市交流定住センターでは真庭市へ移住(UIJターン等)をお考えのみなさまのご相談をお受けいたします。お気軽にご相談ください。
    総合政策部 交流定住推進課 2018年5月14日 07時53分
  • お子さんが病気のとき困っていませんか?~病児保育事業~

    病児保育事業とは、お子さんが病気のとき、保護者の方が仕事などの都合で看護できない場合、お子さんを病児保育実施施設で一時的にお預かりする事業です。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 子育て支援課 2018年2月28日 17時16分
  • 体の不自由な人の福祉ガイド(内部障がい)

    身体障害者福祉制度を簡単にまとめたガイドを作成しました。 ガイドは障がい別に「共通」「肢体不自由」「視覚障がい」「聴覚障がいほか」「内部障がい」の5つがあります。 このページからは「内部障がい」版をご覧いただけます。 添付ファイルをご確認の上ご利用ください。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年6月2日 09時13分

お問い合わせ