1. ホーム>
  2. 行政サービス>
  3. 行政サービスの検索結果

行政サービスの検索結果

行政サービス内の記事を検索

選挙・選挙結果」には9件の情報があります。

  • 指定病院等で行う不在者投票

    不在者投票ができる施設として都道府県の選挙管理委員会から指定を受けた病院や老人ホームに入院・入所中の方で、投票日当日に投票所に行くことができない方は、その施設において不在者投票をすることができます。投票用紙等は病院長等を通じて請求することができ、投票は病院長等の管理する場所で行います。
    総務部 総務課 2016年6月7日 08時31分
  • 遠隔地に滞在している場合の不在者投票 1

    真庭市の選挙人名簿に登録されている方が、長期の出張等により真庭市で期日前投票・選挙当日の投票をすることができない場合、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票をすることができます。
    総務部 総務課 2017年10月16日 21時33分
  • 選挙人名簿

    選挙権を持っていても、実際に投票するためには、市区町村の選挙管理委員会が管理する名簿に登録されていなければなりません。この名簿のことを「選挙人名簿」といい、すべての選挙に共通して使われます。いったん登録されると、抹消されない限り永久に有効なため、名簿は、「永久選挙人名簿」とも呼ばれます。
    総務部 総務課 2017年6月7日 17時46分
  • 期日前投票制度

    選挙は、選挙期日(投票日)に投票所において投票することを原則としていますが、投票日当日に仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭等で投票所に行くことができない方は、お住まい(選挙人名簿登録地)の期日前投票所で投票することができます。
    総務部 総務課 2017年3月14日 22時18分
  • 選挙権と被選挙権

    1.選挙権 「選挙権」は、国や地方公共団体の代表者を選挙で選ぶことができる権利です。 「選挙権」を持つには、次の要件が必要です。
    総務部 総務課 2016年6月7日 11時33分
  • 在外選挙制度

    仕事や留学等により、海外に住んでいる方が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度です。
    総務部 総務課 2016年6月7日 08時34分
  • 郵便等による不在者投票(代理記載)

    郵便等による不在者投票をすることができる選挙人で、自書できない人が、代理人によって投票に関する記載をしてもらうことができる制度です。
    総務部 総務課 2015年3月5日 13時41分
  • 郵便等による不在者投票

    「郵便等による不在者投票」は、投票当日までに、自宅等で投票用紙に記載して選挙管理委員会に郵送する制度です。 郵便等による不在者投票をするためには、あらかじめ選挙管理委員会委員長が交付する郵便等投票証明書の交付を受ける等事前に手続きが必要ですので、選挙管理委員会へお問い合わせください。
    総務部 総務課 2015年3月5日 13時41分
  • 遠隔地に滞在している場合の不在者投票 2

    他の市区町村の選挙人名簿に登録されている方が長期の出張等により、真庭市に滞在している場合、不在者投票をすることができます。
    総務部 総務課 2015年3月5日 13時40分

お問い合わせ