1. ホーム>
  2. 行政サービス>
  3. 行政サービスの検索結果

行政サービスの検索結果

行政サービス内の記事を検索

病気・医療」には46件の情報があります。

  • 国民健康保険の資格喪失後の受診による医療費の返還について(不当利得返還請求)

    社会保険等への加入や真庭市外へ転出された人が、真庭市の国民健康保険(以降、国保)の資格がなくなったにもかかわらず、国保の保険証を使用して医療機関等を受診した場合は、いったん、国保から医療機関等へかかった医療費の給付分が支払われます。しかし、国保の資格がなくなっていますので、国保が負担した保険給付部分は不当利得となりますので、民法第703条※の規定により、請求しますので、返還してください。
    生活環境部 市民課 2015年3月2日 08時32分
  • 体の不自由な人の福祉ガイド(肢体不自由)

    身体障害者福祉制度を簡単にまとめたガイドを作成しました。 ガイドは障がい別に「共通」「肢体不自由」「視覚障がい」「聴覚障がいほか」「内部障がい」の5つがあります。 このページからは「肢体不自由」版をご覧いただけます。 添付ファイルをご確認の上ご利用ください。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年6月2日 09時16分
  • 真庭市福祉移送サービス事業

     福祉移送サービスは、日常の外出において他人の介助によらずに移動することが困難であると認められ、かつ、単独でタクシーその他の公共交通機関を利用することが困難な方を対象とした、登録制の移送サービスです。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年5月20日 19時02分
  • 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)

     障害者自立支援法を廃止し、新たな法律を制定するため障がい者制度改革推進会議総合福祉部会の提言が取りまとめられました。これを実現するために平成25年4月から障害者総合支援法が施行されました。法に基づく日常生活・社会生活の支援が、共生社会を実現するため、社会参加機会の確保及び地域社会における共生、社会的障壁の除去に資するよう、総合的かつ計画的に行われることが法律の基本理念として新に掲げられています。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年3月4日 15時26分
  • 特別児童扶養手当

    精神または身体に一定の障がいのあるお子様を扶養されている方に支給されます。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2017年8月23日 23時24分
  • 国民健康保険とは?

     わたしたちはだれでも、いつも元気で暮らしていたいものです。しかし、いつ病気をしたりケガをするかわかりません。そんな時、安心して治療を受けられるように、何らかの医療保険に加入していなければなりません。  国民健康保険は、もしものときのために、加入者みんながお金を出し合って助け合う制度です。
    生活環境部 市民課 2017年2月6日 16時53分
  • 身体障害者手帳

    身体障害者手帳には、障がいの程度に応じて1級から6級までの等級があります。また、移動の困難な状況に応じて第1種と第2種に区分されます。 身体障害者手帳をお持ちの方は、その障がいの程度に応じて各種制度を利用することができます。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2016年4月28日 21時40分
  • 個人番号(マイナンバー)の記載が必要な、市役所での主な手続きについて

    社会保障・税・災害対策の分野で利用する個人番号(マイナンバー)について、平成28年1月より各種手続きでマイナンバーの記載が必要となりました。市役所にて、主にどのような手続きでマイナンバーが必要なのかをご紹介します。
    総務部 総務課 2016年1月13日 21時06分
  • 独立行政法人日本スポーツ振興センター災害共済給付制度

    真庭市教育委員会では真庭市立の小中学校に在学する児童生徒の不慮の災害に備えて、独立行政法人日本スポーツ振興センターと災害共済給付契約を結んでいます。  センターの災害共済給付は、学校の管理下において児童生徒が災害に遭った場合、その治療費や見舞金の給付を保護者の皆様に対して行う制度です。
    教育委員会 学校教育課 2015年6月2日 17時31分
  • 体の不自由な人の福祉ガイド(視覚障がい)

    身体障害者福祉制度を簡単にまとめたガイドを作成しました。 ガイドは障がい別に「共通」「肢体不自由」「視覚障がい」「聴覚障がいほか」「内部障がい」の5つがあります。 このページからは「視覚障がい」版をご覧いただけます。 添付ファイルをご確認の上ご利用ください。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年6月2日 09時14分
  • 体の不自由な人の福祉ガイド(共通)

    身体障害者福祉制度を簡単にまとめたガイドを作成しました。 ガイドは障害別に「共通」「肢体不自由」「視覚障がい」「聴覚障がいほか」 「内部障がい」の5つがあります。 このページからは「共通」版をご覧いただけます。 添付ファイルをご確認の上ご利用ください。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年6月2日 09時10分
  • 真庭市人工透析患者通院交通費助成事業

    真庭市では、腎不全等により人工透析治療を受けるために医療機関へ通院 されている方を対象に、通院交通費の一部を助成します。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年3月3日 17時26分
  • 生活保護制度

    病気や怪我等で働けないなど、何らかの理由で収入が減り、またはなくなり生活に困った場合、最低限度の生活を保障し、自分で生活できる力をつけるための支援を行う制度です
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2015年3月3日 16時55分
  • 乳幼児・児童生徒医療費給付制度について

     真庭市では少子化対策の一環として、乳幼児・児童生徒に係る医療費を市が負担する乳幼児・児童生徒医療費給付制度を実施しています。  中学校卒業(満15歳になって最初の3月31日)までの方を対象として、医療費受給資格者証を発行し、医療機関などで健康保険を使って治療を受けたときに保護者の方が支払う額(一部負担金)を真庭市が助成するものです。
    生活環境部 市民課 2015年2月27日 11時43分
  • ひとり親家庭等医療費給付制度について

    ひとり親家庭の医療費自己負担額の一部を助成する制度です。 ひとり親家庭の医療費の自己負担を1割にとどめ、さらに世帯の所得に応じて1ヵ月の自己負担上限額を設けています。
    生活環境部 市民課 2018年2月14日 08時55分
  • 第三者行為の届出について(国民健康保険)

    交通事故やケンカなど、第三者から傷害・傷病を受けた場合は、加害者が医療費を負担するのが原則です。ただし、やむを得ず国民健康保険証を提出して医療機関等を受診する場合は、自己負担の有無にかかわらず、真庭市役所の市民課国保係へ「第三者行為による傷病届」を提出してください。 届け出の様式は下記関連書類にありますのでご利用ください。
    生活環境部 市民課 2017年10月31日 16時20分
  • 真庭市特定疾患等医療附帯療養交通費支給

    特定疾患等で通院されている方を対象に、通院にかかる交通費の一部を支給することによって、家庭生活の安定と福祉の向上を寄与することを目的とした補助制度です。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 健康推進課 2017年9月21日 18時07分
  • 高額医療・高額介護合算制度について(国民健康保険)

     医療保険、介護保険では各保険制度ごとに、限度額を超える自己負担をした場合に「高額療養費《医療制度》」ならびに「高額介護(介護予防)サービス制度《介護保険》」が支給されています。  
    生活環境部 市民課 2017年9月15日 15時30分
  • 特別障害者手当

    精神又は身体に著しく重度の障がいがあり、日常生活において常時特別な介護を必要とする20歳以上の在宅の方を対象に支給される手当です。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2017年8月23日 23時25分
  • 補装具費の支給

    障がい者(児)の障がいのある部位を補い、必要な身体機能を向上、あるいは補うために用いる補装具の購入費・修理費が支給されます。 事前に市役所障害福祉担当窓口にご相談ください。
    健康福祉部(真庭市福祉事務所) 福祉課 2016年1月8日 19時25分

お問い合わせ