1. ホーム>
  2. 行政サービス>
  3. 真庭市総合教育大綱を策定しました

真庭市総合教育大綱を策定しました

最終更新日時 2017年4月3日(月曜日) 08時50分 コンテンツID 4-28-4529-9112 印刷用ページ
情報発信元:総合政策課  本庁舎3階

個性と能力を十分伸ばし、互いにライフスタイルを応援しあう「まち」

まにぞうファミリー

 教育、学術及び文化の振興並びに子育て環境の充実は、多彩性と活気の源となり「まち」の持続可能性を高め、創造性と生きる力を養い「ひと」の可能性を広げるものです。
 このような視点に立ち、真庭市の教育などの理念を表すものとして、真庭市総合教育大綱を策定しました。

「基本目標」
 個性と能力を十分に伸ばし、互いにライフスタイルを応援しあう「まち」

 人に寄り添い、共に育ち、多彩で豊かな人生を応援しあうことが、真庭市の施策の方向性「共育」です。
 だれもが幸せになる能力を伸ばせる「まち」になるために、教育、学術、文化について、真庭市全体で考え、話し合いを続けることこそが、市民一人ひとりの「人生を応援すること」です。大人と大人、子どもと子ども、大人と子ども。話し合うことを通じて、互いの違いを認め合い、尊重しあい、潜在能力を伸ばし、「幸せに生きる」ことを互いに応援し、共に育ちあいます。


「共育の視点」
○ 協育・・・みんなで育てあう
 一人ひとりに丁寧に向かいあい、いろいろな人が関わることができる真庭市の地域コミュニティの力を生かし、「ひと」の横のつながりを培う中で、「ひと」がもつ可能性をより大きく育てます。
○ 郷育・・・ふるさとを知り、ふるさとへの思いを育てる
 身近にある豊かな自然と、それに由来する文化、歴史、産業などに興味をもち、知ることが出発点です。真庭市の自然や風土の中での体験や経験を通じて、ふるさとに対する愛情と誇りを育てます。
○ 響育・・・互いを認めあい、よいところを育てあう
 人の縁とふれあいがたくさんある「まち」の特長を生かし、互いに認めあい、心を通わせ、感動しあい、共鳴しながら、一人ひとりがそれぞれ違う個性と能力を伸ばしあいます。

関連書類

最終更新日時 2017年4月3日(月曜日) 08時50分 コンテンツID 4-28-4529-9112 印刷用ページ
情報発信元

総合政策部 総合政策課  本庁舎3階
電話番号 0867-42-1169  ファックス 0867-42-1353
メールアドレス sogoseisaku@city.maniwa.lg.jp


返信が必要な場合はお名前・ご住所をご記入ください
» 詳しくご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

» 投票しないで結果を見る
お問い合わせ