1. ホーム>
  2. お知らせ>
  3. お知らせの検索結果

お知らせの検索結果

お知らせ内の記事を検索

道路・交通・バス」には22件の情報があります。

  • 大阪方面高速バスが湯原・蒜山(二川BS)に停車します

    日本交通株式会社が運行する米子-大阪間の高速バスが平成28年7月から二川バスストップ(二川BS)に停車し、そこから大阪(なんば)ほか、伊丹空港にも停車する便があります。 この高速バスの運行に合わせて、コミュニティバス「まにわくん」を二川BSから湯原温泉方面・蒜山高原方面に運行しておりますので、是非、ご利用ください。
    生活環境部 くらし安全課 2018年4月3日 12時56分
  • 真庭市橋梁長寿命化修繕計画について

     真庭市が管理する橋梁は、1049橋ありますが、橋長15m以上の橋梁では架設後の平均経過年数は約39年、また、架設後50年を超える橋梁数の割合は、現在の約15%が、10年後には約60%、20年後には約75%を超え、老朽化が急速に進んでいく状況です。  今後、橋梁の急速な老朽化に備えて、限られた予算や人員の中で計画的かつ予防保全型の維持管理の実施を徹底するため橋梁の長寿命化修繕計画を策定しました。
    建設部 建設課 2018年4月2日 10時49分
  • コミュニティバス「まにわくん」時刻表【公共交通マップ掲載】を作成しました

     真庭市コミュニティバスまにわくん時刻表内に、まにわくん全路線と民間バス等の広域路線を掲載した「真庭市公共交通マップ」を掲載しています。  市内外へのお出かけに公共交通の積極的なご利用をお願いします。
    生活環境部 くらし安全課 2018年3月31日 20時38分
  • 市道改良・新設評価基準

    市民の皆様から要望があった市道改良や新設について、事業着手の優先順位を付けるための基準を明確化しました。評価の透明性を高め、客観的に優先度を見極めることで、より一層公平で効率的な道路整備を進めます。
    建設部 建設課 2018年3月20日 15時56分
  • 旭川サイクリングロード(仮称)周辺施設基本設計業務公募型プロポーザル審査結果公表

    旭川サイクリングロード(仮称)周辺施設基本設計業務の公募型プロポーザルの審査結果をお知らせします。 【審査結果】  審査委員会 平成29年11月30日  最優秀者 株式会社ofa(72.8点/100点満点)
    建設部 建設課 2017年12月13日 16時06分
  • 都市再生整備計画(湯原地区)フォローアップの公表

     真庭市では、平成24年度からの5年間、湯原地区において、観光施設の整備やPR活動への支援を中心とした都市再生整備計画事業を行ってきました。  事業最終年度(平成28年度)末には、事業の成果を診断し、効果を分析をする「事後評価」を実施しましたが、その後に確定した統計数値等に基づいて、追加の診断・分析を行い、その結果を取りまとめたので公表します。
    建設部 都市住宅課 2017年11月17日 11時10分
  • 旭川サイクリングロード(仮称)周辺施設基本設計業務の公募型プロポーザルを実施します

    真庭市が旭川に沿って整備している「旭川サイクリングロード(仮称)」の周辺施設(案内看板、休憩施設及び路面標示等)の基本設計の実施にあたり、公募型プロポーザル方式で業者選定を行います。 詳しくは実施要領、仕様書をご確認ください。
    建設部 建設課 2017年10月30日 15時10分
  • 真庭市地域公共交通会議

     真庭市地域公共交通会議は、真庭市が主宰者となり、地域の関係者による地域公共交通の合意形成を図る場として、平成19年2月に設置された組織です。  真庭市地域公共交通会議規程第8条に基づき、議事概要について公開します。  ページ下部の[関連書類]から真庭市地域公共交通会議議事録をご覧ください。
    生活環境部 くらし安全課 2017年10月30日 12時00分
  • 真庭・自転車の楽しみ方プラン会議

    真庭市では、豊かな自然の中でサイクリングを自由に楽しんでいただける環境づくりに努めるとともに、自転車をツールとした「健康・環境・観光』の振興=【自転車のまちづくり】の方向性を探るべく、LIFE CREATION SPACE「OVE(オーヴ)」(株式会社シマノ)の協力のもと、2014年(平成26年度)、『散走(さんそう)フォーラム&散走体験会』を蒜山エリア、勝山・久世エリアをフィールドに開催しました。
    産業観光部 産業政策課 2017年6月2日 08時53分
  • 真庭市公共交通対策関係計画

     真庭市は市民の皆様の日常生活に必要な交通手段を確保することにより、地域住民等の福祉の向上を図るため、真庭市コミュニティバスを運行していますが、このコミュニティバスの運行を含めた真庭市の公共交通に関する施策は、現在、次の計画に基づき実施されています。
    生活環境部 くらし安全課 2017年5月30日 13時11分
  • 電源立地地域対策交付金(水力発電施設周辺地域交付金)活用状況

    真庭市には、豊富な水資源を利用した水力発電用施設が設置されています。 電源立地地域対策交付金は、発電用施設の設置及び運転の円滑化を図ることを目的に、施設の所在する地域周辺の公共施設整備や地域活性化事業等に対して交付されています。
    総合政策部 総合政策課 2017年4月18日 18時51分
  • 都市再生整備計画(湯原地区)事後評価の公表

     真庭市では、平成24年度からの5年間、湯原地区において、ゆばら湯っ足り広場整備、はんざきセンター整備、足元灯整備、案内サイン設置等の事業を行ってきました。  事業最終年度の平成28年度に、これら各種事業のもたらした成果等を診断し、効果発現要因を分析する事後評価をおこない、その結果を取りまとめたので公表致します。
    建設部 都市住宅課 2017年3月30日 12時17分
  • 広島方面高速バスが北房呰部バスストップに停車します

    日ノ丸自動車(株)の広島方面行高速バス「広島-倉吉・鳥取線」が、湯原温泉口(はんざき橋)に加え、平成29年4月1日より新たに中国自動車道、北房呰部バスストップに停車することとなりました。 ぜひご利用ください。
    生活環境部 くらし安全課 2017年3月13日 17時42分
  • 「真庭市観光戦略策定ワークショップ」の実施報告

    真庭市観光戦略の策定に向けて、これからの真庭市の観光振興体制のあり方や推進方策等を検討するため、真庭市内の観光関係者や企業関係者、地域での活動者、行政合わせて93名から成る「真庭市観光戦略策定ワーキンググループ」によるワークショップを6回実施しました。 実施にあたっては、観光地域づくりプラットフォーム推進機構会長の清水愼一氏に各回においての指導・アドバイスを受けながら進行しました。
    産業観光部 産業政策課 2017年3月9日 13時28分
  • 「久世駅CLTモデル建築物」の愛称が決まりました。

    平成29年1月20日から2月15日まで募集した愛称について、336点の応募があり、審査の結果、次のとおり各賞を選定し、最優秀賞の「木テラス」を愛称に決定しました。
    総務部 財産活用課 2017年3月3日 19時53分
  • 久世駅CLTモデル建築物(仮称)設計コンペ 審査結果について

    「久世駅CLTモデル建築物(仮称)設計コンペ」の第1次審査通過者の6者に対して、8月29日(月)に第2次審査(プレゼンテーション・ヒアリング)を行いました。審査結果をお知らせします。
    産業観光部 林業・バイオマス産業課 2016年9月25日 08時12分
    地域: 久世 
  • 久世駅CLTモデル建築物(仮称)設計コンペ【募集終了・審査終了】

     JR久世駅に建つトイレの建替えをおこない、利用者や自転車観光にやさしく、CLTをPRする施設とするために、女性建築士を対象とした設計コンペを実施します。
    建設部 都市住宅課 2016年9月8日 14時48分
    地域: 久世 
  • 勝田交通(株)による「真庭~岡山空港線」乗合タクシー運行開始

    津山(湯郷)方面から岡山空港を結ぶ乗合タクシーを運行しています勝田交通株式会社(津山市)が真庭市~津山広域バスセンター経由、岡山空港まで乗合タクシー路線を平成28年7月1日より運行を開始します。 真庭市から岡山空港へのアクセスがより便利になります。
    生活環境部 くらし安全課 2016年6月21日 15時32分
  • 高齢者運転免許証自主返納支援事業

    真庭市コミュニティバス「まにわくん」でご利用いただける回数乗車券5冊(1冊当たり200円の乗車券が11枚)を給付します。 (回数乗車券の給付はお1人様1回限りで、ご利用はご本人様に限ります。)
    生活環境部 くらし安全課 2016年3月22日 12時10分
  • 真庭市コミュニティバスへの広告掲載を募集します。

     真庭市コミュニティバス「まにわくん」の車体に、有料広告を掲載することができます。市内全域を走るまにわくんで会社や団体のPRをしてみませんか。
    生活環境部 くらし安全課 2015年10月7日 12時12分

お問い合わせ