1. ホーム>
  2. お知らせ>
  3. 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄付を募集します

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄付を募集します

最終更新日時 2016年12月26日(月曜日) 20時02分 コンテンツID 2-28-4529-9623 印刷用ページ
地域:
情報発信元: 総合政策課 本庁舎3階

母なる川「旭川の清流化」と、水のふるさと「里山保全」に全力で取り組みます!

 真庭市が実施する「旭川清流化・里山保全プロジェクト」について、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を適用した財政支援(寄附)が可能となりました。

●企業版ふるさと納税とは?
・市町村が実施する地方創生の取り組みに対して企業様が寄附を行った場合に特例的に税の軽減が受けられる仕組みで、税負担の軽減効果が従来の“2倍”になり、実質的な企業様負担が約4割になります。
※寄附額の下限は10万円からとなっています。
※本社が真庭市内に所在する企業様の寄附は真に申し訳ありませんが対象外となります。

●寄附の対象となる事業は?
 寄附の対象となる事業は、国の認定を受けたものに限られます。真庭市では「旭川清流化・里山保全プロジェクト」が認定を受け、平成31年度まで事業を実施する予定です。

●「旭川清流化・里山保全プロジェクト」の内容
①日本一のホタルの里づくり事業
【内容】
 ホタルを地域シンボルとし、生息環境の整備に取り組んできた北房地域に小水力発電を整備し、ホタル観賞の拠点である「ほたる公園」やホタルの生育に欠かせない「洞窟(諏訪洞)」の照明に必要な電力を賄い、「日本一のホタルの名所」にふさわしい、自然環境に配慮した取り組みをより一層進めます。
 また、環境意識の向上やホタルの生育について理解を深めていただくため、諏訪洞を探検することのできる「穴ガキ復活プロジェクト」を展開します。

【総事業費】
 1,230万円

②里山と千年草原再生プロジェクト
【内容】
(1)山焼き
 山焼き文化を守り、草原を保全・拡大していくため、保全組織を育て、作業労力の軽減を図り、山焼き見学や山焼き体験の仕組みをつくり、魅せる山焼きにしていきます。
(2)里山づくり
 放置されたままの暗く荒れた山林に手を入れ、伐採した木は薪として地域内の経済循環に活用。伐採後の土地に蒜山の伝統工芸である郷原漆器の材料となる「ヤマグリ」や「漆」、蒜山がま細工の材料となる「シナノキ」などを植栽し、里山循環による伝統工芸の振興、国産漆の復興など進めていきます。
 
【総事業費】
 2,560万円

※事業の詳細については「関連書類」にある地域再生計画をご覧ください

●このページをご覧くださった皆様へ
 真庭市のプロジェクトにご賛同いただけましたら、寄附の多少に関わらず、ぜひご参画ください。
 また、詳細についてはできる限り説明にも伺わせていただきますので、総合政策課までご遠慮なくお問い合わせください。

関連リンク

関連書類

最終更新日時 2016年12月26日(月曜日) 20時02分 コンテンツID 2-28-4529-9623 印刷用ページ
情報発信元

総合政策部 総合政策課  本庁舎3階
電話番号 0867-42-1169  ファックス 0867-42-1353
メールアドレス sogoseisaku@city.maniwa.lg.jp

 返信が必要な場合はお名前・ご住所をご記入ください
» 詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

» 投票しないで結果を見る
お問い合わせ