1. ホーム>
  2. お知らせ>
  3. 真庭市生物多様性地域連携保全活動計画を策定しました

真庭市生物多様性地域連携保全活動計画を策定しました

最終更新日時 2015年3月4日(水曜日) 19時07分 コンテンツID 2-3-12-6031 印刷用ページ
地域:
情報発信元: 環境課 本庁舎1階(5番窓口)

~自然と調和した美しい里山が広がる真庭を目指して~

生物多様性地域連携保全活動計画は、生物多様性地域連携促進法に基づく法定計画です。

真庭市には、貴重な動植物や蒜山高原に代表される壮大な景観が数多く残されています。一方で、市民アンケートを実施したところ、生物多様性という言葉を「知らない」若しくは「聞いたことはあるが意味は知らない」という方が7割りにも達しているという結果になりました。生物多様性という言葉は、まだまだ馴染みのない言葉である現状のなか、自然の恵みを将来にわたって享受し、その美しい真庭の自然を保全していくしくみを作っていかなければなりません。


本計画策定にあたり、広大な真庭市内に存在する「生物多様性に資する資源(まにわbスポット)」を抽出しました。これは、「真庭市における生物多様性保全」の観点から、①固有性、②希少性・重要性、③継続性・持続性、④郷土性、⑤里地里山性、⑥情緒性の6つの視点から抽出し、市内各所で66箇所を抽出しました。この「まにわbスポット」の中から、多様な主体が連携して保全活動を行えるスポットをさらに洗練し、11の個別の実施活動として、本計画に記載しています。

そして、これらの活動が継続して、さらには拡充しながら実施できるよう活動成果を発表しあえる場「まにわ生物多様性ふれあいの場(仮称)」を年1回開催することとしています。この場で、専門家を交えた意見交換や活動の振り返りなどをすることにより、本計画の更なる骨太化を図ります。

各活動の調査結果や活動の成果を一元的に収集、分析、整理、蓄積し、本活動計画の成果として、生物多様性地域戦略の策定や真庭市版レッドデータブックの製作につなげていきたいと考えています。

里山資本主義のまち真庭。本計画を策定し、それを実行することで人々の暮らしと自然の恵みとのつながりを意識し、そのつながりを尊重できる、自然と調和した美しい里山が広がる真庭を目指していきます。

関連リンク

関連書類

暮らし分類

最終更新日時 2015年3月4日(水曜日) 19時07分 コンテンツID 2-3-12-6031 印刷用ページ
情報発信元

生活環境部 環境課  本庁舎1階(5番窓口)
電話番号 0867-42-1113  ファックス 0867-42-7455
メールアドレス kankyoh@city.maniwa.lg.jp

 返信が必要な場合はお名前・ご住所をご記入ください
» 詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

» 投票しないで結果を見る
お問い合わせ