1. ホーム>
  2. お知らせ>
  3. ごみでモニュメント「真庭のシシ」ご覧ください

ごみでモニュメント「真庭のシシ」ご覧ください

最終更新日時 2019年1月4日(金曜日) 15時07分 コンテンツID 2-3-12-12211 印刷用ページ
地域:
情報発信元: 環境課 本庁舎1階(5番窓口)

現在の居場所は → ハート広場(真庭市上水田6328-1南側)

真庭市では、ごみの減量化・再資源化を行う「持続可能な廃棄物処理のしくみづくり」を目指しています。
市民のみなさんの「ごみ」への関心を高め、今後の廃棄物処理について一緒に考えていただくため「ごみ」を材料にモニュメントを制作しました。

「真庭のシシ」(愛称:まにシシ)

現在の居場所は → ハート広場(真庭市上水田6328-1南側)

「コスモスの里特産品ふれあいセンター」さんの南側です。
中国自動車道 北房ICより西へ400m

※入場料は無料です。
※24時間いつでも入場できます。
※ライトアップしています。
 通常点灯 17:30~21:30
 年末年始 17:30~24:00ごろまで
※岡山県下最大級の14万球を超えるLEDイルミネーションがあります。
※飲食コーナーも充実、悪天候でもユニットハウスでゆっくり鑑賞できます。
※平成31年2月14日まで展示の予定です。

作者:現代アート作家「淀川テクニック」(柴田英昭)
材料:真庭市から排出された「ごみ」(プラスチック、金属類など)
作品名:「真庭のシシ」 ※イノシシがモチーフ(H31年の干支)
大きさ:全長約5m×全幅約2m×全高3m
ポイント:真庭市は「SDGs未来都市」に選定されています。
     SDGsをイメージした色合いです。
制作期間:平成30年10~11月

淀川テクニック(柴田英昭)
2003年に大阪府淀川の河川敷を拠点として活動をスタート。ごみを材料に芸術作品を制作し、ごみ問題について考えるきっかけづくりを目的としている。玉野市宇野港に常設展示されている「宇野のチヌ」がとくに有名。国内外で活躍中のアーティスト。 1976年岡山県真庭市出身 

関連リンク

暮らし分類

最終更新日時 2019年1月4日(金曜日) 15時07分 コンテンツID 2-3-12-12211 印刷用ページ
情報発信元

生活環境部 環境課  本庁舎1階(5番窓口)
電話番号 0867-42-1113  ファックス 0867-42-7455
メールアドレス kankyoh@city.maniwa.lg.jp

 返信が必要な場合はお名前・ご住所をご記入ください
» 詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

» 投票しないで結果を見る
お問い合わせ